一般歯科

  1. HOME
  2. >
  3. 一般歯科

ライン

定期検診で虫歯や歯周病を未然に防ぐ

一般歯科とは、虫歯や歯周病の治療や、差し歯や入れ歯など歯がなくなったり欠けた部分を補うための治療のことを
いいます。小児歯科や口腔外科といった専門的な治療ではなく、歯が痛い、歯茎から血が出る、しみるといった症状の治療のほか、歯石取りやクリーニングなどの治療も一般歯科で行います。
ほとんどの治療が保険適応ですが、なかには自費治療となる場合もあります。


1つでも当てはまった方は要注意!
放っておくと歯が抜け落ちる

放っておくと・・・最終的には歯が抜け落ちてしまいます。
高齢者の方が口を揃えて言うことは「歯科に定期検診にいっておけばよかった。」

歯が抜けたまま放置すると、全体の咬み合わせが悪くなり、他の歯にも悪影響を及ぼします。つまり、どんどん歯がボロボロになってくるわけです。
それだけではなく、咬み合わせが崩壊することで不定愁訴(頭痛や肩こりなど)を引き起こしたり、糖尿病や他の疾患にも関係するといわれています。

もちろん虫歯も放っておくとどんどん症状が悪化し、最終的には抜かなければならなくなくなります。
歯を失うことで、煩わしい入れ歯やブリッジ、インプラント治療で補わないといけません。

放っておくと歯が抜け落ちる
プラークコントロールって?

細菌が増えないようにすること、つまり歯磨きやフロスを使ったセルフケアの他に、歯科医院での歯石除去やクリーニングにあたります。

「私は毎日きちんと歯磨きしているから大丈夫!」と思っていませんか?
「きちんと歯磨きしていれば虫歯もできないし歯医者に行かなくてもいい!」と思ってませんか?
そんなことありません。

きちんと磨いているつもりでも、磨き残しがあり、細菌が増殖して歯周病になってしまうケースは本当に多くあります。 歯磨きでは落ちない汚れもあります。気付かない箇所に虫歯ができていることだってあります。
つまりセルフケアには限界があります。

スケーリング・ルートプレーニング(歯石除去/SRP)

スケーリング・ルートプレーニング(歯石除去/SRP) スケーリングはスケーラーという器具を用いて歯面に付着している歯石を除去していきます。 ルートプレーニングでは、スケーラーで縁下(歯茎の中)歯石やセメント質を除去し、キュレットという器具を用いてそれらの再付着を防ぐために、歯面を平滑にします。

歯のクリーニング(PMTC)

歯のクリーニング(PMTC)プラークの染め出しをした後、微粒子研磨ペーストを使用し、回転ブラシやカップできれいに磨き上げます。さらにフロスや様々な形のチップなどで汚れを落としたら、水や空気でしっかりと洗い流します。最後にフッ素塗布して、歯自体を強くしていきます。

マイクロスコープによるスケーリング
定期検診はあなたを守る

3ヶ月~6ヶ月の間隔で定期的に検診に来るようにしてください。
歯石除去(SRP)やクリーニング(PMTC)を行い、セルフケアでは行き届かない処置を私たちが責任をもって行います。時間にして30分ほどです。
これを続けていくことが、80歳になっても20本以上、自分の歯を残すことに繋がります。
セルフケアがしやすい口腔内環境をつくることこそが、我々歯科医の使命なのです。

長谷川歯科が大切にしていること
駐車場マップ
長谷川歯科
長谷川歯科診療時間

Google map

ページトップへ